RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Imagination is more important than knowledge.

一.100%は当たり前。常に付加価値を意識して120%のパフォーマンスをしろ。
二.昨日の自分に負けてはいけない。
三.嫌なことは笑顔で引き受けろ。全て自分のためになるはずだ。
四.俺の悩みなんて大したことはない。悩めるだけ幸せなことだ。
五.家族・友達を大切にしろ。
六.一人の女を幸せにして、一人前の男と言える。
七.自分の強みを見つけろ。周りから期待される存在になれ。
八.体を動かせ。体が鈍れば、頭も鈍る。
九.金は使え。金は使うためにある。
十.親切は敵。厳しさこそ相手への思いやりだ。
<< さくら水産ランチ | main | りふぉーむ >>
いってらっしゃい
0
    小・中・高・大・そして社会人と同じ道を歩んできた男が、東京を去った。

    正直内定するまでは、学校の廊下で会っても「よう、元気?」くらいの絡みだった男。

    それがいつの間にか意気投合し、1年目の休暇は一緒に取り、一緒にタイ旅行。

    会社でも、社内のユニットの変更に伴い、奇跡的に同じ階で働き、昨年はお互いのクライアントのコラボ企画で毎日毎日仕事の話をするほど。。。
    喧嘩もしました。言い争いもしました。

    そんな彼が、左に遷ると書いて、「ご栄転」されることに。

    しかも大阪や名古屋ではなく、、、KYUSHU FUKUOKA。

    一体何回、彼の送別会をすればよいのだろうか。

    一体何回、彼にタダ飯を食わせればいいのだろうか。

    一体何回、彼を胴上げすればいいのだろうか。

    一体何回、「おい、起きろ、カズ!」と起こせばいいのか。

    一体何回、「GヒルズH棟まで」とタクシーに乗せればいいのか。


    本当に淋しくなります。数々の思い出がよぎります。
    なんであの若さで・・・あんなピュアでいい奴が・・・


    ん?だからか!若くてピュアすぎるからだ!


    とにかく新天地で頑張ってください。絶対にあっちに慣れないでください。
    あと、何年後かに、「福岡の売れっ子風○嬢の○○ちゃん。いい子でしょ?」と言いながら結婚の報告に来ないでください。

    【今週月曜日の19階フロア若手送別会集合写真】


    【2ショット】


    【胴上げ風景その1】


    【胴上げ風景その2】



    【1ヶ月くらい前の送別会集合写真】

    こちらも西麻布焼肉屋フートン。

    ワイワイ送別をされながら、送別プレゼントを渡される小島君。

    なんだ、これ!?










    これって、まさか?



    なんとも面白い送別品。
    ベンチプレスキッド。めちゃくちゃ重い。。。

    早速やってもらいました。

    上から黒いものがたれていますが、これは店のすだれです。


    よいしょー!





    よいしょー!



    よいしょー!



    わはははは!



    もういっちょー!ブレて躍動感があります。



    もういっちょー!よいしょー!


    黒いすだれが、ちびまる子ちゃんみたいな状態になっています!
    (既に30回ほどのパンプアップに、場内大爆笑です)




    一通り終わり、店外へ。
    もちろん、胴上げが繰り広げられます。


    わーっしょい、わーっしょい。


    そして、もちろん落とされます。




    そして胴上げをしていたトビにも影響がでています。



    そしてなぜか、佳樹も胴上げされることに。


    佳樹の空中体制が下手なので、何度も何度も胴上げを試みると・・・

    かなり高く上がりました。電線までいきそうでした。
    ※これは、落ち始めているところなんで、本当はもっと上がっています。


    【集合写真】



    もう一軒飲みに行くも、最後は勿論・・・。
    ※本人曰く、高島屋のオーダーシャツ。けどそんなの関係ないので、皆で寄せ書き。前も後ろも酷い落書き、いや寄せ書きです。
    | - | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://taisuke.ichizo.org/trackback/639781