RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Imagination is more important than knowledge.

一.100%は当たり前。常に付加価値を意識して120%のパフォーマンスをしろ。
二.昨日の自分に負けてはいけない。
三.嫌なことは笑顔で引き受けろ。全て自分のためになるはずだ。
四.俺の悩みなんて大したことはない。悩めるだけ幸せなことだ。
五.家族・友達を大切にしろ。
六.一人の女を幸せにして、一人前の男と言える。
七.自分の強みを見つけろ。周りから期待される存在になれ。
八.体を動かせ。体が鈍れば、頭も鈍る。
九.金は使え。金は使うためにある。
十.親切は敵。厳しさこそ相手への思いやりだ。
<< ちっきしょー | main | ガラっとね。ガラっと。 >>
劇団アローン
0
    いっちょめいっちょ、わーお。

    どうも井筒親方です。


    泰輔フリークなら知っていると思いますが
    僕が一番大好きな力士は、「逆鉾」(現:井筒親方)です。

    皆さん「寺尾」は知ってますか?
    そう、何を隠そう、イケメン力士と言われた「寺尾」の実のお兄さんなんです。
    ちなみに逆鉾は、関脇に10場所もいました。あとちょっとで大関だったのですが、いつも8勝7敗だったり、9勝6敗でしたね。
    なんだかんだで、勝ち越しはするのに、10勝以上はなかなか勝てませんでした。そうそう当時は名横綱:千代の富士や、北勝海、大乃国、旭富士などなどの横綱がいて、大関には小錦とか、霧島がいて、安芸の島、栃乃和歌、旭道山が幕内にいました。今思えば、外国人力士は、小錦の他には南海龍くらいしかいなかったでしょ。モンゴルからは誰も来てなかったしね。
    いやーこの時代の相撲が一番楽しかったよ。

    そしてその中で、本当に地味で、けどずっと関脇にいる力士が、今の井筒親方、逆鉾さんでした。

    前置きが長くなりましたが、どうも井筒監督です。と言うつもりでした。

    3連休の真ん中に彼女と、劇団アローン原作の映画を見てきました。
    その映画とは「陰日向に咲く」。

    はい、単刀直入に・・・・・・・・35点でした。

    めっちゃつまらないやん!ビビったわ!!

    見ないほうがいいと思いますし、DVDが出ても見なくていいかも。

    といっても見たい人は、お好きにどーぞ。


    井筒OSUGIより
    | - | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://taisuke.ichizo.org/trackback/620763